EMSスーツとは?Active(アクティブ)購入のメリット デメリット

メリット・デメリット
EMSスーツ購入のメリットとデメリット

全身EMSスーツActiveアクティブ)を購入した場合のメリットとデメリットを筋トレマニア目線でまとめてみました。EMSスーツ購入は得?損?

EMSスーツActive購入のメリットとデメリット

このページでは全身EMSスーツ「Active(アクティブ)」の、メリットとデメリットを考察してみました。

EMSスーツActive(アクティブ)の公式サイトはこちら。

↓クリックして確認↓
家庭用EMSスーツActive(アクティブ)公式

Active(アクティブ)購入のデメリット

EMSスーツ購入のデメリット

Active EMSスーツ「Active(アクティブ)」のデメリットとしては、

  • 初期費用が21万円ほど(公式サイトはキャンペーンで安い時がある)かかってしまう
  • 自分で充電をしたり、スーツを洗濯しなければならない
  • スポーツジムに通うといったステータスを感じなくなる
  • 一旦購入してしまうと怠けて使わなくなる可能性がある
  • 運動方法や食事療法など、ジムトレーナーからのアドバイスが受けられなくなる

初期費用が高めなのは仕方がないですが、年間で考えたらEMSトレーニングジムに通うより圧倒的にコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。(EMSスーツジムの料金比較の記事参照

Active(アクティブ)購入のメリット

Activeのメリット

Active EMSスーツ

まずEMSスーツ「Active(アクティブ)」のメリットですが、

  • コロナ対策でマスクをする必要がない
  • コロナ禍でジムが閉店してしまうリスクがない
  • 年間コストがジムの料金と比べると圧倒的に安価。(1万円/回のジムなら20回通うのに相当)
  • ジムに通う交通費や、支度や往復の時間の無駄が省ける
  • 太っている、汗だく、化粧崩れ、ハゲがばれるといった周囲の目を気にしなくてよくなる
  • ジェルパッド不要なので、一旦購入してしまえば余計な出費が不要
  • スーツは自宅で洗濯可能
  • 地方住まいで近隣にEMSジムが無くても自宅でEMSトレーニング 可能
  • 毎日好きな時間に好きなだけ(1回の充電で3時間使用)トレーニング 可能
  • バッテリー内蔵のコントロールボックスなので好きな場所でトレーニング可能
  • なんといっても自宅は楽。使い終わってすぐにシャワー、ビール、寝るなどが可能

トレーニング後すぐにビールを飲んでいれば世話はないですが、それだけ気楽に使えるということです。

月々9,075円(税込)の分割払いも可能なので、1回1万円するジムに通うことと比べたら安上がりです。

Active(アクティブ)の分割払い

コントロールボックスの充電はUSB-Cコネクタに指すだけなので、スマホを充電する労力と変わりません。

Activeのコントロールボックス

抗菌素材なのでスーツの洗濯も毎回は不要?清潔を保ちたいなら毎回洗濯した方が良いですが、さほど苦ではないと思います。

EMSトレーニングジムに通うことが一つのステータスと感じているならそれでも構いませんが、そんなステータスって必要ですか?

これまで何度もそういった健康器具を買ってきたのに、結局使わなくなったという経験があるなら購入は考え直した方が良いかも?「今度こそ!」というきっかけも大事だと思いますが。

ぶら下がり健康機
ぶら下がり健康機なんて販売する時点で既にあきらめちゃってますけど(笑)

そもそも近隣にEMSジムが無いなら、トレーナーのアドバイス云々以前の問題ですが、東京近郊に住んでいて、ジムに通おうか、EMSスーツを購入しようか迷っているようなら、自宅にいてもパーソナルトレーニングが受けられるサービスも最近では多いので、このサイトを参考にしてみてください。

ダイエット オンライン指導サービス徹底比較

EMSスーツ購入のメリットとデメリットを比べてみるとやはりメリットの方が大きいと思います。

↓クリックして確認↓
家庭用EMSスーツ「Active(アクティブ)」公式サイト

タイトルとURLをコピーしました