EMSスーツActive(アクティブ)の機能をSIXPADで揃えると?徹底比較

「Active」VS「SIXPAD」
EMSスーツ Activeと「SIXPAD」比較

全身EMSスーツActiveアクティブ)と「SIXPAD」を比較してみました。

「Active(アクティブ)」の機能を「SIXPAD」で揃えようとすると幾らかかるのか?

EMSスーツActive(アクティブ) と「SIXPAD」比較。「Active(アクティブ)」の機能を「SIXPAD」で揃えようとすると?

EMSジム料金表

もはや国内では敵無し?というくらいEMS機器のスタンダードになった「SIXPAD」。

クリスティアーノ・ロナウドを広告塔に起用したインパクトも大きい。

「SIXPAD」と提携する以前からロナウドはEMSトレーニングを取り入れていたとのことなので、 「SIXPAD」 からのオファーも逆に願ったり叶ったりだったのかもしれないですね。

SIXPAD STATIONというトレーニングジムでは、SIXPADのEMSスーツを着てトレーニングができますが、ジム内のシステムを利用してスーツをコントロールしているため、仮にそのEMSスーツを家に持って帰ってもEMSトレーニングはできないのです。

ちなみに「SIXPADトレーニングスーツ」というものはありますが、単なる着圧スーツなので購入してもEMSトレーニングはできません。

「EMSスーツActive(アクティブ)」と「SIXPAD」を比較してみた

前置きが長くなってしまいましたが 、ここからがこのページの本題。

「SIXPAD」で全身EMSスーツ「Active(アクティブ)」と同等の機能(EMSパッド)を揃えてしまえば、自宅でSIXPADを使った全身EMSトレーニングができるのではないか?と考えました。

まず全身EMSスーツ「Active(アクティブ)」のEMSパッドがある個所は以下の通り。

ActiveのEMSパッド箇所

背中、ヒップ、両太もも、胸、両腕、お腹の計6グループが「Active(アクティブ)」には備わっている。

一方「SIXPAD」の場合、

SIXPADのラインナップ

ヒップ、両太もも、胸、両腕、お腹の計 5グループしかない。背中用のEMSパッドは無い

しかもこれら全部を揃えると幾らかかるのか計算してみたらとんでもないことになった。

SIXPADをActive(アクティブ)に揃えようとすると、、、
腹筋 シックスパッド アブズベルト
S/M/Lサイズ
43,780円
シックスパッド チェストフィット 29,480円
シックスパッド アームベルト×2台 50,160円
太もも シックスパッド レッグベルト×2台 60,500円
シックスパッド ボトムベルト 42,680円
背中 ラインナップ無し  
合計   226,600円

※全て「SIXPAD」公式サイト価格(税込)

背中が足りないながらも226,600円もかかってしまいます。公式サイト価格なので、楽天などで探せばもう少し安く購入もできますが、さほど値引きもされていない様子。

しかも、「SIXPAD」は「ジェルパッド」という粘着&通電のシールが必要なのです。

各部位ごとのジェルパッド(ジェルシート)がいくらかかるのか探してみた。

SIXPADジェルパッド(ジェルシート)価格
部位 月当たり
腹筋 約4,180円
両腕 約5,700円
両太もも 約5,700円
約2,300円
ヒップ 約5,100円
合計 約22,980円

楽天でまとめ買いなどをすれば15%オフで購入出来たりはするものの、合計2万円くらいは覚悟した方が良いだろう。

これは毎月ジェルパッドを交換することを前提に試算したので、勿体付けて2か月使えばなんとかこの半額には抑えられるとしても、年間で考えると12万円も掛かってしまいます。

つまりSIXPADの場合、本体価格+ジェルパッド代を合計すると、50万円を超えてしまうのです。

毎年ジェルパッド代だけで275,760円も掛かってしまう、、、。

税込217,800円で購入できる家庭用EMSスーツ「Active(アクティブ)」 Active EMSスーツ購入のコスパがいかに優れているかが分かる。

「Active(アクティブ)」は汗で通電ため、ジェルパッド不要。余計な出費がありません。

忘れちゃならない!充電があるということを

「Active(アクティブ)」「SIXPAD」共にEMSの電流を流すために充電が必要。

仮に上で紹介した「SIXPAD」の製品を5グループ揃えたとします。

それぞれの製品を使うためには全ての機器の充電が必要なのです。

ということはもし「SIXPAD」を「Active(アクティブ)」に揃えると、以下の図のような充電環境になるのは目に見えている。

SIXPADの充電環境

毎日、あるいは2日に1回使うにしても、それぞれの機器の充電をしなければならないので非常に煩雑になるでしょう。

こうした煩雑な作業が繰り返されるうちに、次第に面倒くさくなり使わなくなるのが健康器具の宿命かもしれない。

昔流行った「ぶら下がり健康器」が単なる物干しになってしまったかのように。

あるいは「ABFLEX」という腹筋マシンも流行りました。ベッドの下や倉庫にまだ眠っていませんか?

アブフレックス

「ワンダーコア」のCMも観なくなりましたね。部屋の片隅にひっそりと置いてありませんか?

このように、購入する前は意気揚々と「ようし、体を鍛えるぞ」となるのですが、いざ購入するとなかなか継続しないものです。

なので7台ものEMS機器を充電することがいかに面倒かということです。

それに比べると「Active(アクティブ)」の場合、コントロールボックス1台を充電するだけなので、スマホを充電する感覚で充電できてしまいます。

Activeのコントロールボックス

USB-Cコネクタに繋ぐだけ

Active EMSスーツ購入ということで、EMS機器で全身を鍛えようと思い、「Active(アクティブ)」と「SIXPAD」を比較すると、「Active(アクティブ)」の圧勝ということになりました。

EMSスーツActive(アクティブ)の機能をSIXPADで揃えると?徹底比較【まとめ】

これまでの総額を比較表にしてみました。

「Active(アクティブ)」VS「SIXPAD」価格比較(全て税込)
  Active SIXPAD
本体価格 217,800 226,600
ジェルパッド 不要 275,760
年間合計 217,800 502,360
  • 価格は全て税込価格で統一
  • 「SIXPAD」のジェルパッドは全ての機器を使い1か月ごとに交換した場合で試算

 ちょっと強引かもしれませんが、「SIXPAD」の上で紹介した5機種全て購入し、ジェルパッドを毎月交換したと仮定して試算すると年間で50万円も掛かってしまうことが分かりました。

「SIXPAD」5機種を年間フルに使うと、「Active(アクティブ)」が3台購入しておつりがくる金額になる。

しかも毎年ジェルパッド代が275,760円も掛かってしまう。

ここまで読んだら流石に「SIXPAD」5機種全てを揃えて使おうという強者はいないでしょ。

余程のロナウド大好き人間くらいか。

EMSで全身トレーニングをしたければ、「Active(アクティブ)」一択という話はまんざらでもないことが分かったと思います。

↓クリックして確認↓
家庭用EMSスーツ「Active(アクティブ)」公式

EMSトレーニング機器に関してあらゆる視点から考察しています⇒サイトマップ

タイトルとURLをコピーしました